酸化ストレス・抗酸化力 測定機器 酸化ストレス・抗酸化力 測定試薬 レドックス分析センター 受託検査 サプリメント セミナー 製品一覧 企業情報







ホーム

酸化ストレス・抗酸化測定

脂肪酸プロファイル

国内初、酸化ストレス・抗酸化力・脂肪酸測定の検査所
レドックス分析センターはレドックス(酸化・還元)分析および脂肪酸プロファイル分析を専門とする国内初の衛生検査所です。専用機器がない施設でも、当レドックス分析センターに血清・血漿サンプルと必要書類をお送りいただければ酸化ストレス・抗酸化力・脂肪酸の測定が手軽に行えるようになります。


大量測定を正確に、スピーディーに
レドックス分析センターでは特殊設定された生化学分析装置で測定を行います。100検体にかかる測定時間は約1時間以内と、大量の測定を短時間で行うことができます。検査のご依頼は1件から、100件以上の大量検査まで承っておりますので、ぜひご要望・ご相談を以下の「お問い合わせ」よりお気軽にご連絡ください。


  • 送付された血清・血漿サンプルはd-ROMsテスト(酸化マーカー)、BAPテスト・OXY吸着テスト(抗酸化マーカー)で測定が行われます。

  • 計22種類の脂肪酸の細胞内分布量を網羅的に解析し、体内の脂肪酸相互のバランス・アンバランスの詳細を提示します。解析結果に基づき摂取すべき、あるいは摂取を控えるべき脂肪酸が把握できますので、食事指導における有効なツールとなります。




レドックス分析センターは酸化マーカーのd-ROMsテスト、抗酸化マーカーのBAPテスト・OXY吸着テスト等のレドックス(酸化・還元)分析専門の国内初の衛生検査所です。d-ROMs・BAPテストは従来、専用機器であるFRASやFREE等をご導入いただかないと行えませんでした。これからは専用機器がない施設でも当レドックス分析センターに血清・血漿サンプルと必要書類をお送りいただければ、d-ROMs・BAP・OXY吸着テストが手軽に行えるようになります。
レドックス分析センターでは、d-ROMs・BAP・OXY吸着テスト用に特殊設定された生化学分析装置で測定を行いますので、大量検体の測定を短時間で行うことができます。100検体のd-ROMs・BAP・OXY吸着テストの測定時間は1時間以内となります。
ご依頼方法は以下の「受託検査の流れ」をご覧ください。なお、詳しくは下記レドックス分析センターまでお問い合わせください。


■検査項目 d-ROMsテスト・BAPテスト・OXY吸着テスト

※本検査は研究目的です

検査項目 コード 検 体 単位
(検査方法) (保存期間) (測定レンジ)
酸化マーカー d-ROMsテスト DI-d01 血清・ヘパリン血漿 U.CARR
比色法 *(1年) (40~1000)
備考
初期段階の酸化状態を検出する最も有効な測定法。
人、動物、魚等の血清・血漿中のトータル酸化度をDEPPDの呈色反応で定量化。1U.CARR は0.08mgH202/dL に相当する酸化能。
(注)H202 に変換した量が血液中に存在するわけではありません。
抗酸化マーカー BAPテスト DI-b01 血清・ヘパリン血漿 μmol/l
比色法 *(6ヶ月) (500~6000)
備考
アルブミン、ビリルビン、還元グルタチオン、尿酸などの内因性抗酸化物、ビタミンC・E、ポリフェノールなどの外因性抗酸化物質の抗酸化能を三価鉄イオンの還元力から測定。
人、動物、魚等の血清・血漿、唾液の測定が可能。
OXY吸着テスト DI-oxy01 血清・ヘパリン血漿 μmol/ml
比色法 *(4ヶ月) (80~500)
備考
生体内の白血球が異物を攻撃する際に作り出す、最も強力な活性酸素種である次亜塩素酸(HClO)消去能から総合的な抗酸化バリアを評価。血液検体以外の果汁、野菜、ワイン等の食品の抗酸化力測定にも有効。

※検体は-20℃以下で保存





※本検査は研究目的です

◆食事改善と健康維持にお役立ていただけます!
*食生活改善の指標に
*健康管理の一環に
*生活習慣病の予防とお悩みの方に
*認知症の予防に
*パフォーマンス向上に
◆脂肪酸のおもな作用
[ 飽 和 脂 肪 酸 ] 血中コレステロール値の上昇、心臓病リスクの上昇
[一価不飽和脂肪酸] 血中コレステロールの低下
[オメガ3 脂肪酸] 抗炎症・抗アレルギー、血管拡張作用、
[オメガ6 脂肪酸] 炎症促進・アレルギー促進・血管収縮作用
[トランス 脂肪酸] 肥満・免疫力低下・動脈硬化・心臓発作リスクの上昇




脂肪酸は体の大切なエネルギー源であり、細胞膜の構成成分です。オメガ6脂肪酸(アラキドン酸) 由来のプロスタグランジン類は免疫機能・消化機能・炎症調整に関わり、ロイコトリエンはアレルギーや炎症反応に関連しています。
オメガ3脂肪酸は抗炎症・抗アレルギー作用を有し、生体の生理的な役割と密接な結びつきがあります。さらに細胞間のシグナル伝達や、ホルモンバランス調整、ビタミン吸収の補助など重要な働きを担っています。
生体内脂質分子を解析することは、様々な生命活動の理解に有用で、病態生理学的状態の解明や、治療効果の分析に役立つと考えられています。



本テストでは、話題のオメガ3脂肪酸(EPA・DHAなど)、オメガ6脂肪酸、飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、悪玉のトランス脂肪酸の計22種類の脂肪酸の細胞内分布量を網羅的に解析し、体内の脂肪酸相互のバランス・アンバランスの詳細を提示します。
テスト結果に基づき摂取すべき、あるいは摂取を控えるべき脂肪酸が把握できますので、脂質代謝異常症・糖尿病など生活習慣病でお悩みの方、認知症・発達障害でお悩みの方だけではなく、健康維持管理に広くお役立ていただけるテストです。
酸化ストレス、酸化・還元バランスを整えるためにも、脂肪酸のバランスは重要です。本テストによる解析結果は患者様への食事指導における、有効なツールとなります。




SFA/MUFA:飽和脂肪酸/一価不飽和脂肪酸 比
飽和脂肪酸(SFA)は通常、室温で固体または固形である。牛肉、豚肉、ラード、ラム肉、および卵黄中の脂肪に多く含まれ、ココナッツ油、パーム核油、ココアバターおよびパーム油などの熱帯植物油が含まれる。SFAは血中コレステロール値を上昇させ心臓病リスクを高める。一価不飽和脂肪酸(MUFA)は室温で液体。MUFA含有量が多い食品の例はオリーブ、ピーナッツ、アーモンド、カシューナッツ、マカデミアナッツ、およびアボカド等。MUFA含有量が多い食品は血中コレステロールの低下にも役立つ。

Trans Fat Index:トランス脂肪酸指数
少量のトランス脂肪酸はたとえば全脂肪乳製品および赤肉のような食品中に「天然に」見られるが、トランス脂肪酸の大部分(80~90%)は液体植物油の「部分水素添加」から生じる。これらの「工業的トランス脂肪酸」の摂取は高い心臓発作リスクと関連している。

Omega-3 Index:オメガ-3指数
オメガ-3指数は赤血球中のオメガ-3脂肪酸EPA+DHA量の尺度であり、循環器の健康状態の目安となる。現在では、これらのオメガ-3脂肪酸は細胞をより長期にわたってより若く保つことも発見された。低いオメガ-3脂肪酸濃度は致命的な心臓発作、うつ病および認知症のリスク増大と関連する。

AA/EPA:アラキドン酸/エイコサペンタエン酸 比
血液中に含まれる2つの重要な脂肪酸の比率は、体内における細胞の炎症レベルを示す。これらの脂肪酸はオメガ-6脂肪酸のアラキドン酸(AA)およびオメガ-3脂肪酸のエイコサペンタエン酸(EPA)である。AAからは、慢性疾患を過剰に加速させる炎症誘発性ホルモンが生じる。EPAからは、炎症を収束させる非常に強力な抗炎症性ホルモンが生じる。

AA/EPA 比 細胞の炎症度 将来の健康レベル
1.5-3.0 低い とても良い
3.0-6.0 若干 良い
7.0-15.0 中程度 まあまあ
15.0以上 高い 問題あり






測定機器
 ・酸化ストレス製品一覧
 ・REDOXLIBRA
 ・FREE Carrio Duo
 ・FREE carpe diem
 ・FRAS4
測定試薬
 ・測定試薬一覧
 ・d-ROMs
 ・BAP
 ・Oxy吸着テスト
 ・-SHpテスト
レドックス分析センター 受託検査 サプリメント
 ・ドクターズBAPミネラル
セミナー
 ・医療関係者向けセミナー
 ・スポーツ医学関係者向けセミナー
取扱い製品一覧
 ・製品一覧
 ・暗視野顕微鏡
世界の論文
 ・世界の論文一覧
会社情報
 ・企業理念 代表メッセージ
 ・会社概要
 ・Corprate profile
 ・プライバシーポリシー
WISMERLL JOURNAL
 ・WISMERLL JOURNAL一覧
ニュースリリース&トピックス
 ・ニュースリリース&トピックス一覧

お問い合せ・資料請求
 ・お問い合せ・資料請求フォーム